全国ポリウレア技術協会

ご 挨 拶

ポリウレアはイソシアネートとポリアミンの2成分からなる樹脂で、現在コンクリート構造物等の防食・防水、また金属タンクの防錆、プラスチック等の耐摩耗など広い範囲にわたり国内において展開、活躍しつつあり、これら主構造物の寿命を飛躍的に延ばすこと、つまり建造物の価値を維持・向上することに大きく貢献しています。しかしながらその最大の機能の発揮、品質向上・安定性においては未知の部分がまだ多くあります。

ポリウレアが国内展開された当初、メーカーから指定された工法、プライマー等ではうまく施工できないとの声が多く挙がり結果としてポリウレア自体の機能は優秀であるものの、その取扱い、工法や材料選定に独特のノウハウを必要とすることが分かってまいりました。
現在は改良が加えられ徐々に伸びてきていますが、まだまだ本格的な展開にはほど遠い状態です。

このような状況を鑑み、全国ポリウレア技術協会は、国内でピュアポリウレアを主体とした各種材料をいち早く取り扱い、工法やプライマーなど材料選定においてノウハウを蓄積してきた実績を生かし、次世代の優れた塗料であるポリウレアについて研究し、得た結果をシェアすることで会員様が得意様に安定した品質の施工を提供できるようサポートしています。

施工にあたっては、下地処理・プライマー・トップコートなど材料についてもポリウレアとの相性を確認し最適な工法を模索し、会員様が各得意先様に安定した品質の施工を提供できるように技術提供を行い、新規会員様がポリウレア施工等を開始されるにあたっては、塗布機械の紹介及び講習会を行い、施工の際は会員様の必要に応じ技術監督・実務経験者の派遣手配等を行います。

さらにまた本協会は
・コンクリート分野における日本下水道事業団塗布型ライニング工法の品質規格取得の為の工法の確立
・ポリウレア樹脂のJWWA規格の取得
などを行うことで、食品分野における品質面の安全性の確認、金属その他においても実使用可能な工法の開発アドバイスも行っています。

以上、現在全国に会員様は26社(令和2年7月1日現在)となっており、今後も協会として各会員様に安心した得意先様へのポリウレア展開に応じ、施工面・ポリウレア・プライマー等材料・吹付機械などご要望に応じたアドバイスを行い、更に世間にポリウレア工法を拡大していく事を目的として活動してまいります。

全国ポリウレア技術協会
会長 福井 秀平
協会概要

本協会は国内外におけるポリウレア技術の向上のため調査・研究・開発及び講習会・講演会等を行うことにより、技術者・研究者の技術・技能の進歩向上を図り、多分野における産業経済の発展に寄与することを目的としています。

名称
全国ポリウレア技術協会
設立
2014年5月9日
所在地
〒841-0042 佐賀県鳥栖市酒井西町799-2
エムアンドケイ株式会社内
連絡先
0942-85-9488(エムアンドケイ株式会社内)
会員数
26社(令和2年7月1日現在)
入会
一般社団法人防衛施設学会

沿革

2014年5月9日
設立 協会入会会員数 14社
全国ポリウレア技術協会設立総会・第1回技術講習会開催
2014年7月24日
第2回技術講習会開催
2015年6月19日
第2回総会、第3回技術講習会開催
2015年11月27日
第4回技術講習会開催
2016年5月10日
第3回総会・第5回技術講習会開催
2016年5月24日~24日
日本・韓国技術講習会開催(於韓国三和ペイント工業株式会社)
技術協会NEWS第1号発刊
2016年6月
第6回技術講習会開催
2016年11月25日
第7回技術講習会 日本・韓国技術交流会開催(於サンメッセ鳥栖特別会議室)
2017年2月10日
第4回総会・第8回技術講習会開催
2017年7月4日
SUPERDECK W.U285 JWWA K143;2004 試験クリア
2017年8月25日
SUPERDECK U285構成品
2017年12月19日
塗布型ライニング工法の品質規格D種 試験クリア
第9回技術講習会開催
2018年2月9日
スーパーカミオカンデに世界初ポリウレア製ガスケット採用
2018年4月
ニュートリノ観測精度向上に貢献
第5回総会・第10回技術講習会開催
2018年7月7日
SUPERDECK U285構成品
2018年12月20日
塗布型ライニング工法の品質規格B種 試験クリア
SUPERDECK U285構成品 塗布型ライニング工法の品質規格
2019年4月16日
D種(コストダウン、施工方法改良)試験クリア
第6回総会・第11回技術講習会開催
2019年5月28日
総会設立5周年懇親会開催(於ホテルビアントス)
一般社団法人防衛施設学会 入会
2019年5月30日
B-GET(バイオガスエネルギー十和田)稼働
2020年4月
ポリウレア塗膜防食塗装3,000㎡ 第7回総会・第12回技術講習会開催

組織図

協会概要

ポリウレアを中心とした樹脂や工法の紹介、ポリウレアに関する研究や開発、講習会・講演会の実施など。

お問い合わせ

事務局
〒841-0042 佐賀県鳥栖市酒井西町799-2
エムアンドケイ株式会社内
お問合せフォーム
会社名・団体名
お名前 / 会社名
電話番号
メールアドレス
お問い合わせ内容
全国ポリウレア技術協会(以下当協会)は、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護する為、以下の通り個人情報保護方針を定め、自主的なルール及び体制を確立し、この実行と維持・改善に努めて参ります。

■個人情報取り扱いに関する基本方針
1. 利用目的による制限
個人情報の利用目的をできる限り限定し、その目的達成に必要な範囲内において適切に取扱います。

2. 適正な収集
個人情報の取得は原則として本人から行い、適法かつ公正な手段で収集を行ないます。

3. 安全対策の実施
個人情報の管理にあたっては、不正アクセス、紛失・破壊・改ざん・漏えいの防止など安全管理のために、合理的な対策を講じるように努めます。

4. 情報主体の権利尊重
個人情報の収集・利用・提供の各場面において、その情報を提供した本人が適切に関与し得るように努めます。

5. 法令遵守および継続的改善
個人情報保護に関する法令及びその他規範を遵守し、また個人情報保護に関する規程を定め、確実に運用されるように継続的に見直しを行います。

■情報の収集
当協会は、本サイトを閲覧・利用される方(以下ユーザー)に無断で、個人情報を集めることはありません。お問い合わせフォームやメールで、回答や連絡のために、お名前、住所、メールアドレス、電話番号の提示をお願いしていますが、これは必要最低限の項目を除いて、ユーザー自身が選択可能なものになっており、任意でご提供いただけるものです(個人情報をご提供いただけない場合、ユーザーの必要に即した情報提供が行えないことがございます)。

■情報の保管
当協会は、ユーザーによる利用履歴などユーザー個人に関する情報(以下個人履歴)を記録する場合がございます。その場合、ユーザーの個人情報および個人履歴を厳重な管理体制のもとで保持し、第三者が不当に触れることがないよう、合理的な範囲内でセキュリティの強化に努めます。

■情報の利用目的
当協会は、下記の目的で、ユーザーの個人情報および個人履歴を利用させて頂くことがございます。下記以外の目的で個人情報及び個人履歴を利用する際には、別途目的を明示し、ユーザーのご同意を頂きます。

・お申込みがあったサービスの提供のため。
・当協会に対するご意見やご感想の提供のお願い 。
・統計資料の作成 。

■情報の開示
下記の場合を除き、当協会がユーザーのご同意なく、個人情報および個人履歴を第三者に開示することはありません(ユーザー個人を特定できない統計資料は含みません)。
・ユーザーにお知らせした利用目的のために、協力会社に対する開示が必要な場合。
(この場合、当協会は当該協力会社に対して、当該個人情報および個人履歴の厳重な管理を求め、目的以外の利用を行わせないように致します。)

・司法機関または行政機関から法的義務を伴う要請を受けた場合。

■個人情報に関するお問い合せおよび照会
当協会は、個人情報保護に関する法令及びその他規範を遵守します。

■個人情報管理責任
ご提出いただいた個人情報は、当協会が責任を持って管理いたします。個人情報保護に関する質問は、下記の窓口までご連絡ください。

■個人情報管理責任
ご提出いただいた個人情報は、当協会が責任を持って管理いたします。個人情報保護に関する質問は、下記の窓口までご連絡ください。

全国ポリウレア技術協会
〒841-0042 佐賀県鳥栖市酒井西町799-2 エムアンドケイ株式会社内
TEL 0942-85-9488